わたしを困らせるムダ毛の処理方法を考えた!

ここもそこも、気になるムダ毛

ムダ毛はいつの時代も女性を悩ませます。水泳の授業がはじまる小学生の頃にしても、高学年ともなるとワキのムダ毛処理問題ははじまっています。一度気になりはじめると、スカートから出る足の毛が友達より濃いのではないか、手や足の指に毛が生えているけど私だけだろうか、とどこもかしこも毛が気になります。親のカミソリをこっそり拝借したり、友達と脱毛や脱色の情報交換をはじめるのも、ムダ毛が気になりだすこの頃からでしょう。

自分でできるムダ毛処理の方法

手軽に試せるのは、道具が手に入りやすいカミソリによる剃毛でしょう。しかし、これは繰り返していくうちに肌に色素沈着がおこり黒ずんできてしまいます。ドラッグストアでは脱毛テープ、脱毛ワックスの類も数多く販売されています。ベリッと剥がす恐怖と痛みに耐えたら、つるんとした肌が現れるのですが、これも除毛だけなので、毛根サイクルに従ってまた憎いムダ毛が生えてきて定期的な自己処理が必要です。過度な刺激で肌を傷つけてしまうのも考えものです。

根本的な問題解決なら・・

自己処理の手間を減らし、色素沈着や埋没毛などの肌トラブルから回避するには、やはり科学的に脱毛するのが一番です。皮膚科等の医療レーザーは出力も強く、効果も高いのですがコストがかかります。街のあちこちに脱毛サロンがあり、医療レーザーより出力は弱いものの、通いやすい金額設定で利用者を増やしています。一度専門的に処理してもらうと、自己処理の煩わしさから解放され達成感は最高です。いずれも、何年か経て少し生えてくるケース、料金トラブルなど施術する場所選びは慎重に行いましょう。

医療脱毛の施術の魅力として、毛穴の周辺へのダメージが軽いだけでなく、長期的に効果が持続することがあります。