肥満外来って具体的にどんな治療をするのだろう

食欲をなくす薬を処方してくれるってホント

肥満外来とは、またの名をダイエット外来ともいいます。そこではまず、カウンセリングや精密検査が行われます。そして肥満になった原因を探り、その人に合った痩せるための治療方法を指導するのです。食欲を抑えたり、運動をして蓄積した脂肪を燃焼する方法などで治療を行います。食事療法や運動療法では減量が難しいと判断された場合は、「薬物療法」を受けることになります。この薬物療法で使われる薬とは、「抗肥満薬」と呼ばれる薬です。この薬物は、摂取するカロリーを抑えるものと、消費するカロリーを増やすものに分けられます。食事療法の補助的な役割として使用されますが、薬をやめるとすぐに元に戻ってしまうという欠点があります。

「薬物療法」以外にはどんな治療があるの

肥満の治療方法には、薬物療法以外にも、食事療法(エネルギーを抑えてバランスの良い食事を摂ることで、徐々に痩せる方法)・運動療法(運動をすることで基礎代謝を上げ、蓄積された脂肪を燃やしていく方法)・行動療法(太りやすい生活をしていないかなど、習慣から見直して、太りにくい生活へ変えていく方法)・外科的治療(胃上部にバンドを付けたり、胃内部にバルーンを置くことで、物理的に食欲を抑制するなどの方法)があります。

脂肪吸引は肥満外来の一種なの

脂肪吸引や脂肪溶解注射などの美容整形で行われるような施術も、やはり肥満外来の一種となります。脂肪吸引は、施術により溜まった脂肪を直接取り除くので、短い期間でのダイエット効果が期待できます。しかし、体への負担が大きいことがデメリットとなります。この治療を希望する場合は、信頼のおける病院を選ぶようにしましょう。一方、脂肪溶解注射は、注射器で脂肪を溶かす薬剤を投与する方法です。溶けた脂肪は、体外へと排出されてしまいます。しかし、一度に溶かすことができる脂肪の量が少ないのが難点です。そのため、効果を実感するまでに複数回治療を受ける必要があるのが特徴です。

ダイエットをしても、なかなか体重が減らないケースはよくあります。そのような方におすすめしたいのは、肥満外来で治療を受ける方法です。カウンセリングを行っていますので、何でも打ち明けられます。